東京有明国際女子オープンテニストーナメント〜大会概要 東京有明国際女子オープンテニストーナメント〜出場選手 東京有明国際女子オープンテニストーナメント〜ドロー 東京有明国際女子オープンテニストーナメント〜試合予定&結果 東京有明国際女子オープンテニストーナメント〜イベント情報 東京有明国際女子オープンテニストーナメント〜ギャラリー 東京有明国際女子オープンテニストーナメント〜リンク
TOP > 個人サポーター募集のお願い
■個人サポーター募集のお願い
東京有明国際女子オープン(以下、本大会)は、世界の女子テニスツアーの中で、グランドスラム、WTAツアーに続くITFプロサーキットのカテゴリーです。2006年よりスタートして13回目を迎えます。そして、国内外のこれから活躍を期待されるテニスプレーヤーにとって、世界トップレベルの大会へ出場するための登竜門となる大会です。これまでも、クルム伊達公子選手、森田あゆみ選手、土居美咲選手等は、本大会を機に活躍をしております。

本大会はITF(国際テニス連盟)が公認している大会で、選手はITFの大会に出場して勝ち上がることでWTAポイントを獲得していきます。WTAポイントを獲得してWTAランキングを上げていくことで、さらに上位の大会への参戦が可能となります。WTAランキング上位まで辿り着けば、テニス界の頂点であるグランドスラム(全米、全英、全豪、全仏オープン)への出場が実現されます。

テニス強豪国といわれるアメリカやヨーロッパでは、国内でITFの大会が数多く開催され、またそれは、これから世界を目指す若手選手にとって沢山のチャンスがあることを意味します。対して日本では、現状まだITFの大会は充分に整備されているとは言えず、その開催数は年間で数大会にとどまります。日本人の若手の選手にとって、国内でのITF開催はとても重要な役割を果たします。景気の影響を受け、昨今では選手に資金援助を行うスポンサーや企業などを見つけることがとても困難な状況にあります。経済的な理由により、海外を回ってWTAポイントを稼ぐことが難しい選手にとって、多額の経費を使わずにWTAポイントを獲得できる国内のITF大会がとても重要であることは明らかです。

日本人選手が世界に飛躍するためには、国内におけるITF大会の増加、維持が必要です。

トーナメントレベルとしては国際大会のスタートラインにある東京有明国際女子オープンですが、その開催には約500万円の運営資金が必要になります。こちらも景気の影響から、資金援助していただける企業やスポンサー獲得も難しい状況であり、資金面で運営に不安を感じています。よってテニス愛好家である皆様、お一人お一人に個人サポーターとして資金援助をお願いする運びとなりました。皆様におかれましては、出資多端のことと存じますが、本年よりサポーター(個人1口10,000円)という設定にて寄付を募らせて頂きます。ぜひ本大会の主旨にご賛同の上、将来ある選手たちのため、日本テニス界の発展のために宜しくお願い申し上げます。

東京有明国際女子オープン
トーナメントディレクター 栗山雅則

>> 申込書はこちら
アメアスポーツジャパン株式会社
株式会社近江兄弟社
株式会社キモニー
グローブライド株式会社
株式会社ゴールドウイン
株式会社スポーツクリエイト
スポーツサーフェス株式会社
ダイドードリンコ株式会社
株式会社ダンロップスポーツマーケティング
株式会社テニスユナイテッド
株式会社巴商事
橋本総業株式会社
株式会社ビーシーセンター
ブリジストンスポーツ株式会社
HEAD JAPAN
株式会社フィートインデザイン
株式会社ミネムラ
ヨネックス株式会社
株式会社ラブフィフティーン
株式会社リラク
ワールドスポーツアパレル株式会社
公益社団法人日本テニス事業協会
TEAM自由が丘
株式会社クリヤマスポーツプロモーションズ